​メンバー    Members

​分野長  伊川 正人 Masahito Ikawa  (特任教授)
大阪生まれ大阪育ち、コテコテの大阪人。阪大では遺伝子改変マウスを使った生殖の基礎研をやってきましたが、東大ではヒトゲノム情報を活用することで社会に還元できる生殖研究を​展開したいと考えています。
小沢 学 Manabu Ozawa  (准教授)
誕生年: 1975年 趣味•特技: 走る、歩く、食べる、飲む
研究テーマ: 精子形成を制御するメカニズムの探索
​メッセージ: 精子は、精巣において性成熟ののち一生涯に渡って絶え間なく作り続けられます。減数分裂を経て精子になるのは精細胞自身ですが、その過程において体細胞であるセルトリ細胞から多大なサポートを受けることが正常な精子形成には不可欠です。我々は、精細胞とセルトリ細胞の2つの側面から精巣における恒常的精子形成の制御モデルを明らかにしたいと考えています。
semil[at]ims.u-tokyo.ac.jp
山内 (石川) 祐 Yu Yamauchi (Ishikawa)  (学振特別研究員PD)s 
誕生年: 1989年
趣味•特技: パン作り。空手有段(今はやってないけど)。フルマラソンも走りました!
研究テーマ: 雌性生殖器の老化が受精、妊娠に及ぼす影響について
​メッセージ: 大学院まで卵管一本でしたが、卵巣、子宮と守備範囲を広げています。新しい命の第一歩に、どんな遺伝子が、どのように機能し合っているか、を明らかにするために日々邁進中です。S: ole
勝間 健人 Kento Katsuma  (医学系研究科博士課程2年)
​メッセージ: レトロな研究所に癒されます。
横山 菜穂子 Naoko Yokoyama  (技術補佐員)

本郷キャンパス⇒弥生キャンパス⇒白金キャンパスと移って来ました。

病院勤務が長かったため、この静かな環境に癒されております。

マウス・ラビット・ラットの実験サポートをしてきましたが、ヒトでは、外来・病棟と高齢者対応が多かったです。

ママチャリでは、都内どこへでも走って行きます。

凝り性なので、時間をかけてしまうのがたまに傷。

秘書B
ときどき出没します。